釣行レポート>YUKIレポート>2006/06/24 相模湾

 
 2006/06/24 相模湾−シイラ (庄三郎丸)
相模湾の夏のシイラ、魚影の濃さは世界一と言われている。年に依ってサイズは異なるが、今年は大型の姿が多く期待ができる。状況によっては、カツオやサバ、河口ではカマスやシーバスも狙うので、その時の情報を把握し、的確なタックルを持参したい。 釣り場情報ページへ

時間 5:30〜12:30 天候 曇時々晴れ
水温 21度〜23度 付記 庄三郎丸・仕立て

釣果 YUKI ヒット5 キャッチ2、Moo ヒット4 キャッチ2
ヒットルアー TOBI PENCILE,Soltiga Dorado
タックル 【YUKI】LUXXE Ocean Twitch Shaft665S・DAIWA SOLTIGA・FireLine 14lb+ショックリーダー30lb
【Moo】LUXXE Ocean Castiong Shaft 70 ・STELLA・FiireLine 16lb+ショックリーダー30lb

またまたやってきた、夏のシイラシーズン。昔は、梅雨明けからのシーズンインが定番でしたが、ここ数年は6月に入るとすぐに開幕。人間の知恵かはたまた異常気象か、例年開幕当初が一番の好気となっている。
例に漏れず、毎日寄せられる釣果は、爆釣、爆釣、の連続。しかし、私たちの釣行の時には、“昨日まではよかったのにねぇ”という事ばかりなので、過剰な期待は禁物。
土日の出船は、30分早まって5時半、朝まだ肌寒い中、集まったアングラーは、いつも仕切役をお願いしている北代さんをはじめ、鈴木さん、らいあさん、北沢さんのMadfishersの面々と、タスマニアもご一緒したM氏の合計7名。
はやる気持ちを抑えつつ、各自黙々と準備を進めつつ、まずは小田原沖へ。

天気予報は見事にはずれて、すっかり晴天。コンディションは申し分ない。好調のポイントである小田原沖に到着。
爆釣のニュースを聞いていると、すぐにヒットするのではと思うが、そうは問屋が卸さない。ゴミがあつまる潮目でキャストを続ける。しかし以外にも反応は高く無く、聞こえる船舶無線からも今日は??の声。。
それでも、百戦錬磨の今回の面々、シイラの反応を引き出していく。最初のヒットは北沢さん、今年はぺんぺんが少なくメータークラスがアベレージ。
続けて鈴木さんにヒット。数十分に渡るファイトに加え、流れ藻にも邪魔されながら、慎重にらいあさんがネットイン。メーターアップのナイスワン。
さすがに、入れ食いという訳にはいかないものの、シイラの反応を楽しむ。Mooはこれまでぺんぺん以外のランディングに実は成功しておらず、今回はこのチャンスを生かすべく気合い満点。
その甲斐あってか、ラージルアーを投げ続ける船中にあって、コンスタントサイズのTOBIPENを駆使して良型のシイラを無事ランディング。その後もバイトが続いている。
鳥山を発見し、急行。すかさずキャストすると、ほぼ全員がヒット。船中大混乱。ヒットさせてはネットインとダブルヒットどころでは無い大興奮状態。今回釣行での一番の見所。サイズはどれもメーター近く、ぺんぺんの姿はほとんど見えない。
見えるシイラをいかにして食わせるか?知恵と技の見せ所。HITやランディングの数にはつながらない、シイラ釣りの楽しさがまたそこにある。
左のイワシはあがったシイラがはき出した物。12cmほど。まさにこのカラーサイズがマッチザベイト。

この大活性状態をピークに、あちこちの潮目をチェックするも、もう一つの反応。しばらくサカナの姿を追って船を走らすが、残念ながらこれ以上はあがらずじまい。サバの群れを見つけて、ジグで狙うもこれまた反応はあまり良くない。終わってみれば船中50HITを超える釣果で、十分な成果となった。
近々予定されている次の釣行に向けて、今晩はまたそれぞれが作戦を練っているに違いない


|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.