釣行レポート>YUKIレポート>2002/04/06 裏磐梯フォレストスプリングス

 
 2002/04/06 裏磐梯フォレストスプリングス
福島県裏磐梯、五色沼や檜原湖、小野川湖そばにある自然湖を利用した管理釣り場。ポンドエリアもある。自然湖では、カヌーやフローターでの釣りが楽しめる。 釣り場情報ページへ

時間 7:00〜17:00 天候 晴のち曇
水温 3度〜5度 付記 カヌーによる釣り

釣果 レインボー10(30〜40)、イワナ3(40)、ブルック4(40)
ヒットルアー REX DEEPクロキン、レイピア金
タックル 【スプーン】
EMERGE RAPIER SPIN 70UL・DAIWA Silver Creek-X 2004C ・VARIVAS SUPER TROUT 3lb
【ミノー】
LUXXE SEVIOS LS-72-L・DAIWA TOUNAMENT-Z 2500SC・VARIVAS SUPER TROUT 4lb

早春の裏磐梯。行き交う車は、スキーorボーダーの車ばかりで早春どころか冬真っ盛り。裏磐梯の湖の半分はまだ凍っている。水温は3度。さすがに厳しいコンディション。それでもイワナやブルックなど低水温で活性の高いトラウトのファイトは激しく、満喫の釣行となった。

裏磐梯の解禁は4月。その最初の週末に予約をし待ちに待った釣行。この時期の釣行は初めてだが、オープン当初の好調を想定し、開場の7時前に到着。準備をし湖を見るとなんと、湖の半分は結氷中。管理人氏はカヌーが出せないかもと、私に電話を入れようかと思ったとのこと。なんとか出せる状況だということで、早速カヌーを出す。


まだ結氷中の裏磐梯

水温を計測すると3度。これは厳しい。レストハウス前にアンカーを降ろし早速キャストを開始するが、全く反応が無い。このところ結構釣れていたと聞いたが、昨日からぐっと気温がさがったとの事で、朝一の活性はあがらない。
岸際にREX-Deepクロキンをキャストし、ゆっくり目にトゥイッチをいれると、吸い込むようなアタリ。あわせると強烈に魚が走る。
最初の1尾目でもあり慎重によせてくると、40cmのイワナ。ヒレも綺麗で越冬した魚のよう。(上の写真)
魚は深場にいると考えディープ系を中心に試すが、反応が無い。
沖目にレイピア金をキャストし、ボトムをトレースしてくると、やはり鈍いアタリ。あがってきたのは40クラスのレインボー。
しかし後が続かない。

カヌーは我々の他にフライマンの1艘だけ。11時前にその1艘もランチタイムか、湖を離れる。我々だけになったので、カヌーを湖全体にドリフトしながらチェックすることに。これが功を奏した。水温が低いだろうと敬遠していた氷際にREX-DEEPクロキンをキャスト。スロー目のリトリーブでストップを入れた所で、鈍いアタリ。あわせるとやはり引き味は鋭く走る。40アップのイワナがヒット。氷際でMooにもヒット。
水温は5度近くまで上昇しているが、氷際回りに魚がたまっているようである。
氷際からレストハウス方面にキャストし、今度も鈍いアタリ。やはりヒットした後の引きは鋭く、ブルックをキャッチ。ヒットする層がうわずってきていると思い、ブラウニーにチェンジ。小刻みにチェイスしながらゆっくり引いてくると、ルアーにアタックしてくる魚が見える。なかなかヒットには至らないが、活性はあがっている。ようやく1尾イワナをキャッチし、その後アタリが遠のいたため、ランチタイム。

ランチ後14時過ぎに湖に戻る。湖中央にある立木前にアンカーを打つ。ライズがあり、キャストすると立て続けにブルックがヒット。バラシも多い。午前中と同様アタリは鈍いが引きは鋭い。ルアーにチェイスする魚が見えるため、再びフローティングルアーを試す。ルアーを追う魚が見えるが、今ひとつヒットしない。RexDeepに戻し丹念に探り、スロー気味のリトリーブでストップを入れるとヒット。やはりブルックである
その後アタリが遠のく。氷際に小さなライズが見られる為、カヌーを移動。キャストするとアタリが多いが乗らない。REXをヘコヘコ引いてくると、ごつんという激しいアタリと伴に魚が走る。レインボーである。このメソッドでしばらくレインボーが爆釣状態。バラシも多いがキャッチが続く。スローな釣りに飽きて、イワナやブルックを狙うが、反応が無く、再びレインボー狙いに戻ると、やはりヒット。本当に氷の際についているようでそこから追ってきてのヒットが多い。この時期のレインボーは魚体も素晴らしくファイトもパワフルであった。17時を過ぎアタリも遠のいたので本日の釣行は終了となった。


|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.