釣行レポート>YUKIレポート>2001/10/21 赤城フィッシングフィールド

 
 2001/10/21 赤城フィッシングフィールド
赤城山麓にあるこのエリアは、昨年開催された第5回ワンメイクの開催場所でもある。大きなシングルポンドからなるこのエリアは、放流魚にもこだわりを持つ 釣り場情報ページへ

時間 8:00〜11:00 天候
水温 12度〜13度 付記

釣果 レインボー3(30〜50)
ヒットルアー Forest MIU イエロー
タックル LUXXE SEVIOS LS-54-UL・DAIWA Silver Creek-X 2004C ・VARIVAS SUPER TROUT 3lb

激戦区群馬でのお気に入りの一つ

それはここ赤城フィッシングフィールドである。別に昨年ワンメイクを開催頂いたからとか、オーナーがLUREFISHING.NETのインストラクターであるからとう事ではなく、純粋に釣り場が気に入っている。この週末も少しまとまって休みが取れた為、どこに行こうかと考えるでも無く、赤城を目指した。しかし、都合により日曜日の釣行とあって、赤城の魅力の一つである“空いている”という訳にはいかなかった。受付で久しぶりと挨拶を交わし、本日は山上インストラクターのご来場予定は?と尋ねるとすでに奥に陣取っている様子。事前に連絡すればよかったのだがやはり合うことができた。よかった。

池の奥、トイレ前にまで行き、山上さんとお会いする。最近の様子を伺う。夏の休場から明けて放流開始後2ヶ月を経過。水温も12,3度とコンディションは良幸との事。昨日土曜日は相当あがったようですであるが、今日はその反動か、活性は今一との事。すでに2トン以上の魚が入っており、準備は万端との事であった。早速、その場所で釣り始める。この所気に入っているフォレストMIUカラシをチョイス。各層を探るが、なるほどアタリが無い。ようやく中層でレギュラーサイズのレインボーがヒット。なんとか今日の1尾を取り、一安心。池全体に万便なくアングラーがいるが、あげているのはフライマン。しかも、足下にフライを置いて釣っているようであった。たしかに魚は岸に寄っている。

ナイスサイズのレインボーをキャッチ

手を変え品お換えいろいろ試すが、なかなかヒットに至らず。となりでは山上さんがヒットさせている。
いろいろ話をしながら、渋い状況に挑むのもまた楽しい者である。たまのアタリもなかなか魚が乗らずヒットに至らない。しばらくして、ようやくプリラブルーでヒット。引き味鋭く、3ポンドラインではもたないかと思ったが、なんとか寄せる。素晴らしい魚体。はらも太いレインボーであった。その後手前のシャローに移動し、1尾追加。反応はこちら側の方がよさそう。しかし、今日は午後から老神に移動するために残念ながら11時で終了とした。
これからコンディションはますます良くなりそうであり、期待が持てそうな状況であった。


|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.