釣行レポート>YUKIレポート>2001/06/23 中禅寺湖

 
 2001/06/23 中禅寺湖
言わずと知れた、芦ノ湖と並び称されるトラウトレイク。盛期は5月末〜6月。ここでしか狙えない、レイクトラウト・本マスなども。キャスティングでは、ブラウンがメインターゲット 釣り場情報ページへ

時間 4:00〜13:30 天候 晴時々曇
水温 14度〜14.7度 付記 レークオカジン・ボート

釣果 ノーフィッシュ
ヒットルアー -
タックル 【スプーン】
AR Sylpher SVS-60L・DAIWA TOUNAMENT-Z 2500SC・VARIVAS SUPER TROUT 8lb
【ミノー】
LUXXE SEVIOS LS-72-L・DAIWA TOUNAMENT-Z 2500SC・VARIVAS SUPER TROUT 6lb

この所、ミノーイングやシケイダーで釣れているという、中禅寺湖に再び釣行。”ぽんぽこ”さんや、ヤマメ工房の並木さんより、事前情報をたんまりと頂き、準備万端!今回釣行を同行頂いたのはインストラクターの成吉氏。2時半にオカジンさんに到着し、明けかかると当時に山側方面にボートを走らす。今日はアングラーが多いと思われる為、人気の無いところを探しながら、クイックにチェックして動き回る事に。夜明けを八丁突端付近で待ち、明けると同時にキャスト開始。数人のアングラーは見えるが、まださほどでも無い。突端から西側にボートを流しながらキャストを続けるが、バイト無し。放水量が多いせいか、水の流れが激しかった。【MAP1】

明け始めはまだ岸からのアングラーの姿が少ない。八丁から上野島方面に岸沿いにボートを流し、アングラーのいないポイントをチェックする。しかし、前回とはうって変わって、まったくの無風。また気温は14度と低め。突然気温が下がったせいか、昨日から釣果は伸びていないと聞いている。阿世潟近辺では、ヒメマスとおぼしきライズが盛ん。たまに大型のライズもある。水面にはなんと未だにワカサギのスクールが見られ、ボイルする事も。ハッチもあり、魚は水面にアタックしている。ルアーはフローティング系を中心に、ブラウニー等をセレクト。しかし、数度、ブラウンが追ってくる姿が見えたがバイトは無い。トップを意識している魚はだめかと、DEEPにチェンジREX DEEP9cmやJUN 60S,75SP等を利用するもバイトなし【MAP2】

ボートを流し続け、上野島付近まで移動。バイトには至らない物の、大型のライズもあり、ルアーを追うブラウンの姿も確認でき、バイトせずとも、十分楽しめる。ヒメマスのライズは相変わらず多いが、ルアーを追うがなかなかヒットしない。たまに小さく当たる程度である。
阿瀬潟と上野島の間にある小さなビーチで、REX DEEPをキャストした際、着水とほぼ同時にしっかりとしたバイトがあった。しかし、残念ながらヒットしなかった。
見るからに、ベイトとなる魚や虫の数が多く、またあまりにも湖面がフラット。この場所の水温は14度とさほど低下してはいないものの、急激な気温の変化と、魚に対するプレッシャーは多いのだろうか?魚影は濃いが、ヒットさせる事はできなかった。
【MAP3】
上野島回りには渡船のアングラの姿が多く、大きく大日まで移動。岬回りをチェックする。阿世潟あたりに比べると、魚の気配が薄い。さらに移動に松ヶ崎付近をチェック。ここでアクシデントが発生!エレキモーターのプロペラが脱落してしまう。仕方なく、ハンドエレキ(手漕ぎ)を駆使し、チェック。このあたりでもヒメマスのライズは多く、相当の魚がたまっている。同行の成吉さんがブラウンの魚影を発見、ルアーにチェイスさせるが、やはりバイトには至らなかった。このポイントはブラウンのライズやルアーを追う姿が多く見られた。
【MAP4】
エレキのトラブルの為、あまり使う必要の無い国道側へわたる。対岸の13、12番付近には相当数のアングラーが立ち込んでいる。沖目からアングラーの様子を窺いながら、人気の薄い場所を探す。だるま石や大崎付近に寄せ、チェック。やはりライズは見られるが、バイトしてこない。【MAP5】
喫茶スプーン前あたりまで移動し、パラシュートを開きボートをドリフトさせキャストし続ける。この付近はブラウンをばらした事もあり以外と良い。ルアーはREX DEEP9cm。新設の桟橋奥に投げ込むと、巨大な魚影がルアーをトレースしてくる姿が見える。mクラスである。思わず、体が凍り付きヒットさせる事はできなかった。久しぶりに見た、中禅寺湖らしい魚体であった。
同じ場所付近で同行の成吉さんにのルアーにもバイトがあるが、ヒットには至らなかった。
【MAP6】
ボートを大尻まで移動。立ち込んでいるアングラーの数は少ない。奥から流し始めチェックする。水深7m付近まで流した所で、成吉さんに待望のヒット!あまり引かないようであったが、寄せてくると30cmほどの小型のレイクであった。
一旦、レークオカジンさんにもどり、エレキを修復。時間はすでに10時近くであるが、再度山側から回り始める。この時間になるとアングラーの姿が多く、なかなかチェックできる場所が見あたらない。早朝とちがって、ライズもなくなり、まったくの別世界。松ヶ崎までひととおりチェックするが、ノーフィッシュ。
【MAP7】
昼前に、喫茶スプーンさんに昼食を取りに行く。大島釣具店さんの併設。オーナに今日の状況を聞くが、一昨日くらいから状況は厳しくなったとのこと。
昼食を取り、先ほど大型のチェイスの合った付近から、大尻をチェックするが、魚の反応はみられない。フランス大使館前まで流し、13時半納竿とした。
今回もまた、ノーフィッシュと、参考にならないレポートになってしまったが、早朝の時間、少しの状況の違いと、さらにテクニックがあれば、きっとキャッチできていたはずである。なかなか中禅寺湖の魚は簡単にはキャッチできない所も、またおもしろさの一つであるが、もっと勉強をし、再び挑戦したい。

|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.