釣行レポート>YUKIレポート>2001/04/29 裏磐梯フォレストスプリングス

 
 2001/04/29 裏磐梯フォレストスプリングス
福島県裏磐梯、五色沼や檜原湖、小野川湖そばにある自然湖を利用した管理釣り場。ポンドエリアもある。自然湖では、カヌーやフローターでの釣りが楽しめる。 釣り場情報ページへ

時間 7:30〜18:00 天候 晴れ
水温 9度〜11度 付記 カヌーによる釣り

釣果 レインボー8(30〜40) ブラウン2(35〜40)
ヒットルアー ブラウニー・エリアピクシー2.6黒
タックル 【スプーン】
AR Sylpher SVS-60L・DAIWA TOUNAMENT-Z 2500SC・VARIVAS SUPER TROUT 8lb
LUXXE SEVIOS LS-54-UL・DAIWA Silver Creek-X 2004C ・VARIVAS SUPER TROUT 3lb
【ミノー】
LUXXE SEVIOS LS-72-L・DAIWA TOUNAMENT-Z 2500SC・VARIVAS SUPER TROUT 5lb

釣行2日めも好天に恵まれ、水温は昨日に比べずいぶん上昇し、朝いちから9度となかなかの感じ。湖にはカヌーは2艘のみと期待が高まる。昨日同様、レストハウス前でライズが見られ、島のやや沖にアンカーを打つ。
ブラウン狙いに絞り、ミノーで攻める。ウィードが多くディープミノーではリスクが高い為、今日はフローティングを中心にセレクト。
しかし、
ライズはあるものの、反応はいまいち。ショートバイトはあるものの、なかなかヒットには至らない。
そんななかMOOはなかなか好調でレインボーを立て続けに2尾キャッチする。
【ポイント1】
ブラウニーをスロー気味にリトリーブし、ようやくブラウンを1尾キャッチするも、あとが続かない。。
しばらく、この場所で粘るがブラウンの反応はあがらない。Mooがスプーンでレインボーをうまくあげているので、ここれレインボー狙いにチェンジ。
しかし、反応が無い。Mooは4ポンドのライトタックルを使っているようで、自分が使用しているラージスプーン用の8ポンドタックルではどうやらヘビーすぎるようである。
午前中は、Mooが10尾のレインボーをキャッチするも、自分は朝のブラウン1尾のみに止まってしまった。

昼食後、ライトタックルを持ち出し3ポンドラインで挑戦する事にした。
ボートは昼前から増え始めた。空いている奥左ワンドの入り口をドリフトさせての釣りを開始。
カヌーが少ないと、ドリフトさせての釣りが可能となる為に、各所を探る事ができる。このあたりから奥へは、湖の中でも水深が深く、最深8m程になる。レイピアエリアピクシー2.6gのつや消し黒をチョイスし、ボトムを丹念に探る。
フォーリング中でのあたりが多く、リトリーブとフォールを繰り返す釣りになる。
【ポイント2】
ようやくコンスタントにレインボーがあがり始め、やはり午前中はタックルがヘビーすぎたようであった。

ワンドに入り込みながら、岸際中心にキャストし、フォールさせる。この段階でのバイトがいくつかあった。
リトリーブを開始した直後のバイトや、その後のフォーリングでのバイトも多く、全体的には食い気のある魚はやはり沈みがちなようである。
【ポイント3】
ここの魚はアベレージ40cmと大型が中心で、レインボーのファイトも強く、ライトタックルであることもあって、十分に堪能させてくれる。魚体も美しく、午後に入ってからは楽しい釣りをする事ができた。

レインボー8尾とブラウン1尾をあげ、夕マズメに備えるも、16時過ぎた頃から、ハッチもみられなくなり、魚のライズもほとんど見られない。
この時期、まだ水温があがっておらず、夕マヅメはどうやら期待できそうに無いようである


|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.