釣行レポート>Special Report>2002/05/11,12 インストラクター銀山湖釣行レポートs

 
 2002/05/11,12 Madfishers銀山湖釣行会
日時:5月11日(土)12日(日)の2日間 
4:30〜16:00(1日目)4:30〜11:00(2日目)
参加者:Madfishers(Kitadai、虹太郎、ナリチャン、Suzukih、らいあ)らいあさんの友人
ボート&宿泊:フィシングハウス村杉
インストラクターNo99-0005
北代 和也(Madfishers Kitadai)

今年も、銀山湖の岩魚に魅せられたMadfishersメンバーの中から6名が集結して通称「銀山合宿」を行いました。参加者を良く見ると、豪華?に4名も当サイトのインストラクターが参加している。(Kitadai、虹太郎、ナリチャン、らいあ)毎年、GW周辺は良い釣りが出来ないので今回も5月第2週とあたりをつけて2月にメンバー募集(今回公募せず)して釣行日決定!解禁後、情報収集するとなんと良い日が続きGW中もサクラが爆発している?「しまった!今年は早い」と思ったが、まぁ何とかなるか?って前向きに考える。
とうとう出発の10日(金)がやって来た。しかし朝から雨で嫌な感じで有るが「今日は、仕事は早上がり」と決めていたが、帰宅したのはいつもより遅くなった。慌てて準備したが、虹太郎が来ない??おかしいな〜って思って彼に連絡すると、「バスタオル要りますかね?」と暢気な返事で、未だ家にいた。慌てて集合場所の高坂SAに集合時間に20分遅れて入ると、リアガラスに「Madfishers」の文字が有る2台の見覚えのある車を発見。雨の関越道を3台6名は銀山湖へ爆走する。途中食料等を買込み現地に午前3時到着。雨は止む気配を見せずに降り続いている。
(写真は虹太郎:本多インストラクターのあげたサクラマス47cm)

午前4時、雨の中続々とアングラー達の車が集結して来た。明るくなり始めるといつもと景色が違う事に気付く?「雪は少ないけどなぁ〜あ〜村杉が無い!」と建物その物が無くなっている。周辺の宿泊施設も同様であった。今年から場所が移転したのは知っていたが、寂しい感じがすると皆で話しながら着替えを済ませて桟橋へ向かう。
満水の為、殆ど歩く事無く桟橋に着き。ボート3艇に分乗する。(Kitadai艇ナリチャンと私、虹太郎艇Suzukihさんと虹太郎、らいあ艇らいあさんと友人)
午前11時に、いつもの場所と集合場所を決めてそれぞれの目指すポイントへ向かう。私達は、昨年数とサイズが出た片貝沢へ向かう。「雨の銀山湖は釣れないんだよな〜」と思いながら、北の又から只見本流筋へボートを乗り入れる。先ずは、虚空蔵周辺からチェックする事にした。満水の為枯葉等が壁際にびっしりとあるが、ワカサギもチラホラ見える。最初は大物狙いと私は、Jun Minnow 130F(ワカサギカラー)を結びキャスト開始。岸壁際をインレットに向かい流して行く。
「昨年ここで岩魚出たよね〜」なんて2人で話していると、コンと小さなアタリ!「ヒット〜」と騒いだ割には釣れたのは小さなウグイ。。。。なんと最初からこれとは。。。私達の間では、銀山湖で一番ウグイの数を釣った者はその年ずっと「ウグイ将軍」と呼ばれる。(因みに昨年はSuzukihさんでした)
気を取り直す為に今度はJun70SD(アルビノヤマメ)にミノーと共にロッドも変更する。今度は、ガツンと強いアタリでうねるのが解る。「今度は岩魚〜」とナリチャンに声を掛けるが、またウグイである。。。おかしいなぁ〜続いてポイントを替えたらまたまたウグイである。「ヤバイよ〜」なんてナリチャンが、私に言っていると「ヒット」とナリチャン「ウグイ?」の問いに「多分」の返事で有るがランディングするとヤマメである。
雨が止み始めた頃に、徹夜が堪えた私は睡魔に襲われてボートで横になる。変な夢を見て、はっとして目が覚めると「魘されていたよ」とナリチャン。「ここは何処だ?」と周りを見渡すとインレットが見える。「片貝のインレット近くか?」と気付き、寝ぼけた状態でJunをキャストするとミノーを何かがひったくる!「ヒット〜」今までのウグイとは全く違うファイトに、意識がはっきりしてアドレナリンが体を駆け抜けて完全に目が覚めた。ランディングすると35cm前後のレインボーであった。「なんだ〜レインボーか?」と贅沢にも思う。暫くキャストしていて何気なくナリチャンがキャストしたミノーを目で追っていて、ふと自分のミノーを見ると心臓が一瞬止まりそうになる。なんと! 私のミノーにでっかい岩魚(はっきりと確認出来た)がじゃれついている。「やった〜頂き!剥製サイズ(50Up)食え〜」と言ったのを聞いたかの様に、突然Uターンしてしまった。。。当然、私は呆然となる。
気を取り直して、様々なルアーをキャストをするが2度と姿を見せなかった。

少し移動して、再びJunを壁際にキャストする。ミノーがボート5M程に来た時いきなり下から良いサイズのレインボーが飛び出してきたが食わない、ボートまで2Mまでミノーが帰って来た時に、「食え〜」叫びながらリアクションバイトを狙って大きくアクションさせると、ドンって勢い良くバイトした。良いファイトに気分が良くなるが、水面で暴れるのでナリチャンに「ネット〜」と声を掛けると、焦ったナリチャンはネットを掴まずにオールを掴む!「オールじゃ無く、ネットですよ」の私の声にはっとしたナリチャン!爆笑しながらレインボーをすくってもらう。メージャーを当てると45cmである。強い筈でピンシャンで、とても綺麗な魚体のオスであった。

時間が来たので、集合場所に集結してボート上で皆で昼食しながら釣果確認する。らいあ艇岩魚1尾(35cm)、同じく虹太郎艇岩魚1尾とレインボーで有るが、同乗のSuzukihさんによると、虹太郎はずっとボートで寝てて突然ムクッて起きていきなり岩魚を釣ったそうで、「何回もキャストしている私はなんでしょうね〜」との事、昼食後もまた虹太郎は爆睡状態でその後、ボート上に11時間30分居たが虹太郎は8時間は寝ていたらしい??
どうも、現在までの「ウグイ将軍」は私らしいが、「まぁこれからだしね〜」という事でそれぞれポイントへ向かう為に分かれる。私達は、ナリチャンの希望で仕入沢へボートを向ける。仕入沢でも私はウグイ連発。。。船首の方で、水面を魚が暴れる音がするので振り返るとナリチャンがウグイを戦っていた。どうやら、ウグイなので黙ってリリースしようとしていたらしい。

再び睡魔が襲って来た私は、またも爆睡状態に陥り顔に冷たいものを感じて目が覚めると15:00近かった。雨がまたもや降り出した。桟橋の集合時間の16:00(その後予定を決める)があるので、北の又を釣り流しながら帰る。途中で虹太郎、らいあ両艇に遭遇するが釣れて無い様子。16:00桟橋終結してバックウォーターに向かうか?温泉(今年から出来た)に入るか?を話し合い全員一致で宿に向かい温泉へ入る事になる。3Km程北の又川上流の禁猟区に、ログハウス村の様なものがあり湖畔の宿屋がここへ移動して温泉センターの前に村杉が有る。村杉は作家開高 健縁の宿で若い頃私も「オーパ」「フィシュオン」を読んでいたので始めて銀山湖に来た時からここ村杉を利用している。今日の宿泊はなんと6名用のログハウス!それに温泉と!なんとお洒落〜

釣り談義で、盛り上がった夜がまだ明けない午前3時にナリチャンに叩き起こされるが意識は起きなければと思うのだが、体は反対の様だ。午前4時体に鞭打ち桟橋に6名が集結した。出発前にナリチャンが今年から新調した「サクラネット」(本人談)でまだサクラをすくった
事が無いと聞き、昨日から虹太郎艇がその「サクラネット」を借りていて「今日はウグイばかりすくおう!」と虹太郎とSuzukihさん!「縁起悪いから絶対サクラだけ」とナリチャン!そんな冗談を言いながら、それぞれ出撃!昨日からの雨は今日も止まずに降り続いいていた。
私達は、「北の又が良い!」と主人に言われていたのでバックウォーターから攻める。他の2艇もどうも北の又狙いらしい。バックウォーターに上陸して私はロングロッドで、Twinkle TWSDの12cmサイズをキャスト。ナリチャンはサクラタックルでキャストを1時間ほど続けるが何の反応もないので、ボートに乗船して、ワカサギが群れるガレ場や岩盤の壁際狙いに変更するが昨日より気温が低くて寒いは、風は強いし、雨は降るはで私は完全に集中力を欠いてミスキャスト続出。その上に体は正直で、やっぱり寝たら無いので、雨の中ボートで熟睡状態になる。
目が覚めると雨が止み始めていた。場所は軍艦島周辺、ボケた頭でミノーをキャストするとミノーの後ろで、銀色の大きめの魚体が光ったが水に濁りもありはっきりと見えない。そのままボートを流してあるワンドの入口付近で「ガツン」と勢い良くアタり首を振るのが解った。サイズは良い感じだ、でもその直後バラす。。。その後もキャストし続けるが、トラウトはヒットせずに、約束の11:00に桟橋へ帰る。私達が一番に戻った様だが直ぐにらいあ艇が帰還する。「出たよ〜サクラ!でもコザクラですけどね〜」とらいあさん。「レインボーは出るが岩魚がね〜」なんて話していると、虹太郎艇が帰還して来るのが見えた。桟橋に近づくと、虹太郎が「役に立ちましたよ〜サクラネット」と叫ぶ!私達の「ウグイの大物すくったの?」と冗談めいた返事に、「いいえ〜サクラが軍艦島近くで出ましたよ〜」と言うので、全員で虹太郎艇のライブウェルを覗き込むと、なんと!50cmぐらいのサクラがいる!目出度く「サクラネット」にすくわれた最初のサクラは、本当にサクラになった。 しかし持ち主本人で無いのが残念ですが。。。サイズを測ると47cmのメスである。
釣果の写真を撮影して、私達は明日の仕事もあるので納竿する。らいあさん達は若いパワーでその後魚野川へ向かう!今年は、雨で岩魚はサイズ数とも出なかったが大騒ぎの「銀山湖合宿」も釣果に不満ながらも無事終了!えっ?今年の「ウグイ将軍」は誰とな?ハハッハ〜数で10尾を超えた私が初受賞となりました〜
Madfishers銀山湖合宿参加メンバー

|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.