釣行レポート>投稿レポート>2002/12/09 Bigfight松本

 
 2002/12/09 Bigfight松本 by 札幌市 馬の助さん
北海道有珠郡にあるフィッシングエリア。レインボーが自然繁殖する4つのポンドはそれぞれ形相が異なり、違った楽しみができる。ここの魚はどれもヒレピンで、普通の管理釣り場のタックルでは太刀打ち出来ないが、かといってヘビータックルでは釣果があがらない。 釣り場情報ページへ

時間 9:30〜12:30 天候 雪&吹雪
水温 氷点下3度 風1〜2m
水温 不明・半分凍結
付記 認定インストラクター馬の助さん
からの投稿レポートです

釣果 40匹までは覚えています・・。
ヒットルアー Seijyouiテントウ、Seijyouiヘラクレスオオテントウ、SeijyouNA子蜂、シンクロナイズド・ワスプ
タックル カーディフ エリア60XUL-F・ステラ FW 1000SDH  バリバス3lb
ポイント 全ポンド(但しどのポンドも60〜70%凍結)

行ってきましたほぼ半年ぶり。出発時の札幌は雪。
『こ〜りゃ、池も凍ってるな・・?』と、思いつつカア様に会いたくて出発。
途中の支笏湖畔道路も真っ白状態・・・。峠の山頂は見事なまでの樹氷となっておりました。

案の定、国道からエリアまでの道路は15〜20cmの積雪。轍はありません・・・。
雪煙をあげつつ、入場〜!♪ 貸し切りの駐車場では2匹のワンコの抱擁付きお出迎え♪ 続いてお出迎えのカア様のお言葉も想像通り・・・・
『あ〜〜〜らぁ〜〜っ!・・・ずいぶん久しぶりの方ねぇ〜〜〜・・・♪』
『申し訳ありませぬ★』・・・ただただ平謝りでございます。

1時間ほどお説教と釣り談義を楽しんだ後、さぁ釣りだ!
・・・・・でも吹雪いて鱒・・・・・・。しかし、メゲズに突入!
カア様からは使い捨てカイロのサービス有り

雪をかき分けポンドに進むと想像通り半分凍結〜♪
このような場合、鱒君は何故か氷と水面の境界に溜まっている。
ソコを狙って第一投。バクっ!!

『ん〜〜〜〜〜〜〜♪♪♪』寒かろうが、凍っていようが、ココの魚のファイトは変わりません。
当然彼らは氷の下に潜ろうとする。そいつを上手くコントロールしつつ・・・手元に寄せた。

絵に描いたような虹鱒君。『久しぶりだねぇ〜♪』思わず挨拶してしまいました。

その後も貸し切り状態のせいもあり、釣れる釣れる。

しかし寒い!しかし釣れる!それでも寒い!でも面白い!・・・の繰り返し・・♪
指の感覚はドンドン無くなり、ガイドは一瞬にして凍りつくため、ロッドを水に浸しながらの釣りでした。

吹雪&寒さの中、各ポンドを回り40匹までは勘定していたのですが、その後は寒さの余り記憶が飛んでいます。

震える身体のバイブレーションが絶妙のリトリーブを呼び、松本釣行で未体験の大爆釣となりました。
特にこの日は黄色が凄かったです。カラーバリエーションの大切さも改めてお教え戴きました。

約3時間桃源郷を楽しんだ後、カア様と薪ストーブを囲みたくさんのお話を楽しみ帰路につきました。
帰ってからも、カア様に戴いたカイロは暖かでしたヨ。


|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.