釣行レポート>Mooレポート>2002/04/06 裏磐梯フォレストスプリングス

 
 2002/04/06 裏磐梯フォレストスプリングス
今シーズンオープン間もない裏磐梯FSへ。。

●時間:AM7:00-PM5:00
●天候:晴れのち曇り
●水温(表層):3〜6度

●釣果:レインボー8尾(30〜40)
    ブルック2尾(40)、イワナ3尾(40)
オープン直後の高活性を期待して、はるばる裏磐梯フォレストスプリングスへ。
しかし!そこはまだ冬まっさかりでした。
泊まったホテルでも、
「えっ、スキーしないんですか?釣り?ワカサギ釣りですか」と口々に言われるありさま・・・
朝はマイナス1度、湖は半分は結氷している状態でした。大丈夫か??
ライズも無いし、湖は静か。。とはいってもオープンしたばかりなら、みんなルアーに飛びついてくるはず!
と思ったのは、どうやら思い違い。いろいろ試してみたものの、なかなか魚の気配がないのでした。
Yukiには、さっそくヒット。うーん、私にはアタリもないよぉ。
どうも表層には魚がいないらしいってことで、(本当はこの釣り方は好きではないんだけど)マイクロスプーンを沈めてみると・・・フォーリング途中にぐっと重たい手応えが。ぐいぐいとものすごい引きで、ボートの裏側にまで潜っていく勢い。大きな口のレインボーでした。その後もディープミノーでいいサイズのレインボーがきました。
こんどはお腹がパンパン。いまいち活性が低いものの、そんな中アタックしてくる魚はたくましい!
なかなか後が続かず、そろそろお昼かなーと思ったものの、もう一息ガンバルか。。と、ミノーの小刻みなトゥイッチがいいらしい・・・という話をYukiから聞き、さっそく"もどき"で試してみました。すると、来た来た!ブルックやイワナが。なるほど、こういう水温の低いときこそイワナ系の魚が元気がいいと言うけど、ちゃんとその通りにきてくれるのが、なんだかうれしい。
お昼後、しばらくは何も起きなかったが、Yukiのミノーにイワナがチェイスしてきてるのをみつけて、一緒にキャストするとなんと私の方にヒットしてしまった。ワイルドな口のイワナでした。そしてヒレがとってもきれい。
それからも別な場所で
またまたイワナがヒット。
その後はすっかり低活性に。。すると、Yuki が氷際にたまってるらしいレインボーにヘコヘコメソッド(!?...要はデッドスローリトリーブってこと)が効くことを発見。私も試してみると、急にアタリがたくさん来るように。
これがスプーンではどうやらダメで、少し大きめ&ハデめのミノーだといいみたいなのです。下からしばらくボンヤリとながめているうちにたまらずパクッといってしまう感じで、アタリは激しくないものの、いったんヒットすると目が覚めたように大暴れ。春まだ早い魚たちの反応は、いつも違ってこれまた面白いのでした・・・
ロッド:LUXXE SEVIOS LS-54-UL,AR Sylpher SGS-70L
リール:DAIWA Silver Creek-X 2004C,AR Sylpher SGS-70L
ライン:VARIVAS SUPER TROUT 3lb,5lb
ヒットルアー:Forest X黄赤,Rex-Deep 緑オレンジ,K-TEN 茶オレンジ
|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.