釣行レポート>MOOレポート>2003/04/26 赤城フィッシングフィールド

 
 2003/4/26 赤城フィッシングフィールド
赤城山麓にあるこのエリアは、昨年開催された第5回ワンメイクの開催場所でもある。
大きなシングルポンドからなるこのエリアは、放流魚にもこだわりを持つ
釣り場情報ページへ

時間 26日9〜12時 天候 晴れ
水温 16度 付記

釣果 【YUKI】ブラウン01、レインボー01
ヒットルアー 【YUKI】エリアピクシー白
タックル 【スプーン】
EMERGE RAPIER SPIN 70UL・DAIWA Silver Creek-X 2004C ・FIREline 4lb

水質の悪化に心配された赤城フィッシングフィールド。

数度の水の入れ替えを重ね、回復に努めたそのポンドには、元気な魚達が泳ぎ回る姿が戻ってきていました。

温かい春の陽気

週末のゴルフの予定を控え、でもその前にちょっと釣りもしたい・・・ということで、26日から通常営業を再開したという赤城FFに久しぶりにお邪魔しました。
午前中は雨という予報で早朝は激しい雨も降っていたようでしたが、のんびり到着した頃には天気も回復し、みるみる春らしい温かい陽気で汗ばむほど。ライズもあちこちで見られ、「これはトップで来るかも?」と期待も高まります。
早速スプーンを中心に試してみましたが、アタリや魚が追ってくる姿はあるものの、なかなか乗らない。新しいロッドに慣れないせい?なんて言い訳してみるが、そんなことでもなさそう。

ヒレも美しいブラウンが・・・

ヒットパターンをつかめないままタイムリミットが近づき、今日はここまでか?と思ったそのとき、Yukiのロッドが大きくしなり・・・なんとそこには、思いがけずブラウンの姿が。(なんだかブラウンづいてるなー)トップを泳がせた白のエリアピクシーに来たのは40cmアップのいい魚でした。
その後も続けてレインボーがヒット。まだまだ釣れそうな感じでしたが、次の予定もあるため、残念ながら本日は終了することにしました。

あっぱれフライマン

この日は常連らしいフライマンのふたりの爆釣の様子をすっかり鑑賞させて頂きました。ポンド中央までグイグイと走り回る元気のいい魚の姿も見られました。フライに対する魚の食い気は相当だったそうです。魚の状態も活性も良くルアーのヒットパターンも必ずあるはずなのですが、それを見つけ出すのはなかなか難しいものです。前日はルアーも好調だったというのですから、やっぱり魚は繊細。
釣果の方は厳しいものでしたが、MHさんやkhsuzukiさんにも久しぶりにお会いすることができ、のんびりと半日を過ごすことができました。また是非チャレンジしたいと思います。

オーナー山上さんのこだわり

冬場に水質や魚の状態が悪くなり、水質検査・水の入れ替えをしたり餌を変えたりと試行錯誤を繰り返されています。そのこだわりと努力には脱帽モノですね。冬の間に植物プランクトンが大量に発生し、水の濁りの原因になったり魚を傷つけたりしたそうですが(ハリケイソウというプランクトンの写真を見せて頂きましたが、その名の通り鋭い針の形をしていました)、水はまだマッディーなものの魚の状態はかなり良くなっている感じがしました。
釣り場の維持・向上はほんとに大変だと思いますが、みんな楽しみにしていますので、是非これからも頑張って頂きたいですね。


|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.