海外遠征レポート>タスマニア遠征レポート>1999.11釣行レポート>オーサーズレイク

 
Comments Contents

Arthurs Lakeガイド

タスマニアでのトラウトフィッシングについてのご質問があれば、メールでどうぞ!

写真をクリックすると拡大して見ることができます


ロッジに16時に到着し、なんだかんだと17時になり、今日は釣りはできないかな〜なんて思っていたら、”Go fishing”の声。”日が暮れるのは何時?”と聞いたら、”おまえがやめるまで釣るよ〜”とのこと。夜も釣って良いのだろうか?


ロッジから車で15分で到着したのは、ARTHURS LAKE。この湖はGreat Lakeのすぐ東にあり、夕方の釣果に実績があるとのこと。ここのターゲットフィッシュは、”ブラウン”と言うか、ブラウンしかいないようです。
しかし、みぞれは降ってくるし、寒いし、決してグッドコンディションではないですね〜


時折のぞく太陽に感謝しながらの釣行です。
写真は、ガイドのAlistairです。寒そうでしょ〜
ガイドに勧められ、まず使ったのはタスマニアの定番ルアー、”タスマニアン・デビル”。日本でも手に入りますね〜 でも、なれていないせいか、なかなかヒットがありません。。


大変大きい湖ですが、狙うポイントは立木のあるシャローがほとんど。だいたい2〜4メートルの水深です。
ブラウンですから、底についているかとシャッド系のミノーを使うと、ウィードに妨げられ、なかなかうまくいきません


タスマニア・デビルをあきらめて、まず、使ったのが”プリラ”。カラーはグリーンからカウントダウン5で、ミディアムリトリーブすると、一投目から小型のブラウンがヒット!きっちりキャッチいたしました〜
ちなみに、今回の釣行にはリールとルアーのみ持参し、ロッドは”レンタル”いたしました。使用ラインは、Varivas Game 6lbです


その後、立て続けにプリラでもう1尾キャッチしました〜
場所を移動し、5m以上の深場になったので、RexDeepを使うと、大型がヒット!
さらに、Rexでもう1尾バイトしたのですが、今度のはサイズがあり、ファイト途中であえなく、ラインブレイク。。ヒットルアーをロストしてしまいました。。


この日の釣果は、ブラウン3尾で寒さに耐えかねて、20時に納竿。
ロッジに戻り、本日の夕食は3尾めのブラウンでした〜
ブラウンは、コリアンダーをきざんで乗せて焼くと、おいしいですよ〜


|
|
|
Copyright (C) Lurefishing.net All rights reserved.